グロースプログラムの誕生経緯 1996年、弊社代表中島成浩がネットショップ「ナチュラム」を立ち上げます。その後のインターネットの 爆発的普及の波に乗り、ナチュラムは急激に成長し 2007 年 10 月大証ヘラクレス(現東証ジャスダック) に上場を果たします。 ナチュラムの成長過程に於いて、次々とさまざまな障壁が立ちはだかりますが、全社一丸となり、なんとか それらをクリアしながら成長することができました。やがてわかったことは、それらの障壁は多くの EC 企 業が成長段階に於いて共通してぶつかる問題だということでした。残念ながら、多くの EC 企業がこれらの 障壁を乗り越えることができずに消えていきました。 逆にこれらの障壁をうまくクリアしていくことができれば、EC 企業は確実に急激に成長することが可能と なります。EC ユニオンは、ナチュラムを筆頭に長年多くの EC 企業に対して業務支援サービスを提供し、 支援先企業と共に障壁をクリアしてきました。その実績から蓄積されたノウハウの集大成が ECU グロース プログラムなのです。

>

>





























グロースプログラムの概要EC 企業は、成長段階に於いて確実にいくつかの障壁にぶち当たります。また、解決すべき課題は山積みと なり、どこから手をつけていいのかさえわからなくなります。重要なのは各々の成長段階に於いて絶対必要 な課題解決を優先することです。そのため、ECU グロースプログラムでは、企業の成長段階を 3 段階に分 け、各々の成長段階に於いて最重要な課題解決を優先するアクション・プランを策定します。概要は以下の 通りです。(※年商は参考値)! 第1段階(年商10億円前後まで) 商品登録・商品管理・市場調査を徹底していっきに売上・シェアを伸ばします。! 第2段階(年商20億円前後まで)→ゴールイメージ:一番店になる(シェア25%以上) アウトソーシングとシステム化を積極活用して社内がコア・コンピタンス集中できる組織と環境整備。! 第3段階(年商20億円以上)ゴールイメージ:圧倒的一番店になる(シェア40%以上) MD 力、組織力の強化などコア・コンピタンスを継続的に強化していける社内体制の確率。










15年以上のネットショップ運営という実践で築き上げてきたプログラム売れ筋管理とロングテール戦略で圧倒的な市場シェアを確保。しかし、数年後、多数の競合が出現し、売上高の伸びが鈍化。将来を見据え、安定した成長を作るために数年に及ぶ売上つくり、組織つくり。そんな試行錯誤を重ねてきた、経験・ノウハウがこのプログラムに詰め込まれています。効率的に課題をクリアし、次のステージに売上が伸びない・・・・。何をどうすれば良いのだろう・・・?そんな時期にこのプログラムを知り、これから目指すステージ、戦略がフィットしたため、導入を決める。乗り越えるべき課題が事前にわかり、効率的に対応できるようになっている。ECショップ運営は、煩雑な作業が多いため、日々の作業に追われすぎて、方向性を見失ってるケースが多々、見受けられます。企業としてどうあるべきか、どこに向かうのか、戦略を据えて、本来やるべきことに対して、時間・リソースを投資することが飛躍するための秘訣です。我々は、お客様が事業に集中できる環境作りをお手伝い致します。成都インハナインターネットサービス株式会社代表取締役社長坂口幸太郎












集客、受注処理、顧客対応、仕入れ先開拓、物流などなど、ECショップの運営には、数多くの手間がかかり、次々と問題が発生してしまうため、殆どの経営者の方が時間が足りないと感じているのではないでしょうか?数年後の未来像を見据えて、いま何を優先的に取り組むべきか?効率的に実現するにはどうするか?そのヒントがこのプログラムにはあります!本気で取り組むお客様を全力でサポート致します。■山本 雄一 プロフィール2009年、ナチュラムの関連会社であるジェネシス・イーシー株式会社に入社。「ナチュラム」で培われたノウハウを元に開発され、モール・独自ドメインサイトといった多店舗間の運営を一元管理し、効率的な運営を可能にするフルフィルメントサービスを提案。導入時の運用相談やシステム面でのサポートだけでなく、導入後の戦略面でのフォロー、業務改善の提案など、ECショップの構築から運用に至るまで幅広い業務に携わる。現在は、お客様の戦略にあわせた効率的・効果的なアウトソーシングの活用法を提案している。



















| 会社概要 | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティポリシー | サイトマップ | お問い合わせ